町家でチャイニーズ

2008.01.05(22:18)
3泊4日、京都の世界遺産をめぐる旅も、明日まで。
最後の夜も、やっぱり京町家でディナーといきたい。
創作和食、イタリアン、ときたので、
子供たちも大好きなチャイニーズへ。
初日だけ参加したUちゃん(京都での勤務経験あり)に
教えてもらった膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり。
pocchiri1.jpg

かつて呉服屋だったという建物は、
ファサード部分が洋館という和洋折衷建築。
僕たちは坪庭を見下ろす2階へと案内され、
大きな丸テーブルを囲んでのディナーとなった。

フカヒレコースに心ひかれたものの、
3日間、食べ続けなので、大人4人は
いちばん軽いコース(5500円)にして、
子供たちはアルカルト(麻婆豆腐、鶏葱そば)など。
コースは、前菜の3点盛り、カニとかぶらのスープ
豚肉の水餃子、牛テールと根菜の鍋、
揚魚の葱香味だれ、海老ときゅうりのチャーハン、
そして杏仁豆腐。
pocchiri2.jpg
pocchiri3.jpg

膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり
京都市中京区 錦小路通室町西入ル (場所はココ)
TEL 075-257-5766
スポンサーサイト

ディナーは京町家でイタリアン

2008.01.04(22:15)
京都で行きたい料理屋はたくさんあるけれど、
子連れ不可の店ばかり。小学生を2人も
連れて行ったら嫌がられるは当然だし、
2家族計6人となれば、さらに選択肢が狭まる…。
そんなこんなで、二日目のディナーは、
錦市場近くのイタリアン「イ ラティーニ」へ。

京都で大流行りの町家を生かした店のひとつ。
京情緒がありながら、ほどほど気さくなインテリアで
子連れにはぴったりの雰囲気。
で、肝心の料理は、アンティパストも、
パスタも納得の内容。特によかったのが、
九条葱と鴨のボロネーゼ、牛テールのリゾット。
latini1.jpg
いつもシンプルなリゾットを作ったり、
食べたりしているので
肉系のヘビーなリゾットは、かなり新鮮。
ところが、ピッツァは残念…。
薄焼きのローマ風なんだろうけれど
(我が家がみんな、モチモチのナポリピッツァ好き
ということを差し引いても)
かなりの物足りなさを感じて…。
latini2.jpg
それ以外は、サービスも含め、二重丸。
ちなみにこの日は、大人4人、子供2人、
料理はドルチェまでアルカルトであれこれ頼み、
生ビール4杯、ワイン2本、カフェ4杯で、
会計は20000円台の後半。
latini3.jpg
昨日のびすとろ希味に続き、安旨名店(!?)に大当たり

銀閣寺近くで、山盛り薬味の名物うどん

2008.01.04(22:13)
南禅寺から哲学の道へと向かうときには、
「パパ~、おなかすいた~!!」と娘。
S家の息子Kちゃんも、
「おなかすいた~、おそばかうどん」と大騒ぎ。
近くにカレーうどんの店があったはず、と
向かった店(日の出うどん)は正月休み。
それじゃあと、さらに足をのばして
銀閣寺近くの「おめん」へ。
omen1.jpg

2時過ぎに関わらず、店外まで行列の大人気。
我が家とS家6人のオーダーは、
おめんと天ぷらのセット(1800円)を4つと、
おめんと鯖ずしのセット(1700円)を2つ。
店名にもなっている「おめん」のふるさとは、
上州伊勢崎、今の群馬県。「おめん」とは、
その土地の方言で、「御麺」がなまったもの。
昆布とかつおの濃いだしに、たっぷりのゴマと
薬味(ネギ、針ショウガ、大根、ほうれん草、
きんぴらなど)を入れる、つけ麺(うどん)。
これでもかという山盛りの薬味には、びっくりするし、
しっかり目の味付けは、東京人に受けるはず
(NY店があるのに、東京店がないのはなぜ?)。
きんぴらがつけ麺に合うってことも新発見…。
ちなみに冬場は、釜揚げのあつあつスタイル。
娘とKちゃんはいたく気に入り、
一人前をあっという間にペロリ、
ママズの分にまで手を出した ほど。

二条城のからくり…

2008.01.04(22:12)
昨晩、京都駅で見かけたのが
「二条城庭園お正月公開 1月2日~4日」というポスター。
ラッキー! 明日までじゃん! ということで、
世界遺産をめぐる今日の旅、二日目は、
二条城からスタート。入城料を払おうとすると、
「二の丸御殿はご覧いただけません、ご了承ください」
と書いてあるではありませんか!
庭園お正月公開とあったら、二の丸御殿に加えて、
いつもは見れない庭園が見れると思うのが普通では?
それを庭園だけ見せて、うぐいす張りの廊下や
狩野派障壁画の二の丸御殿を見せないなんて、
ひどすぎる! それなら、そうと、ポスターに大きく書いてくれ!
楽しみにしていた娘に代わって、抗議する次第です。
その後は、南禅寺、哲学の道、そして銀閣寺へ。
nijyoujyou.jpg

京都一どころか日本一の安旨コース料理決定版

2008.01.03(22:02)
驚くほどの品数が出てくるコース料理の店
といえば、横浜の元町 梅林。
8000円~15000円の料金設定で、
品数は23~28ほど。食べきれないほどの
圧倒的なボリュームで知られ、
故・黒澤明監督も贔屓にしていたという。
「そんな元町 梅林より遥かにリーズナブルで
品数豊富なコース料理のお店が京都にもありますよ」
と教えてくれたのは、大阪の友人だった。
夜のおまかせコースは
なんと2625円からで、20品も出るそう。
京都初日のディナーは、この店に決め、
年末には予約完了!!

店の名は、びすとろ希味(のぞみ)。
地下鉄四条駅から徒歩2分ほどの好立地にある。
でも、看板がない店なので、
通りすぎないよう注意が必要
(ドアに「営業中」の札が掛かっているだけ)。

「予約している○○ですが」と告げると、
「こちらへどうぞ」。カウンター脇を通り、
2階へ案内されるのかと思いきや、
裏口をあけて外へ出て行くスタッフ。えっ、えっ!?
実は、隣の建物が別館になっていたというわけ。
この日のメンバーは、大人5人(娘のシッターだった
大阪に帰省中のUちゃんも参加)と小学生2人。
大人は3150円のコースを、小学生は単品から3品
(納豆ととろろのそうめん、焼きおにぎりなど)をオーダー。
刺身たっぷりのサラダから始まり、芹と白葱のゆず風味、
いなり風うどん、ピザ、牡蠣とブロッコリーのグラタン、
鴨万十、蛤の酒蒸、長芋のカニあんかけ 、海老芋の唐揚げ、
さつま芋スティックシュガー、海老のポワレバルサミコソース、
焼きおにぎり…などなど、手のこんだ料理が
これでもかと出てくる、出てくる。そして最後は、
デザート3種の盛り合わせ。
この店にして大正解で、みんな大満足。
東京に帰ったらさっそく真似したい料理もいくつもあったし…。
ちなみにこの日はワインを3本あけたにもかかわらず、
会計は20000円台の半ば…。
このコストパフォーマンスの高さは、日本一!!
nozomi1.jpg
nozomi2.jpg
nozomi3.jpg
nozomi4.jpg
nozomi5.jpg
nozomi6.jpg
| ホームへ | 次ページ
プロフィール

ryoripapa

Author:ryoripapa
愛する娘(写真は、 冷蔵庫を
あさっているところ)には、
安全でヘルシーなものを
食べさせたい。その一心で
いつも料理しています。

gourmet

伊勢丹 オンラインショッピング 「I ONLINE」

コレ欲しい!!

最近の記事
フリーエリア