スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

タコとキュウリのコチュジャン和え

2013.07.03(12:19)
7月2日は、半夏生(はんげしょう)。

半夏生には、田に植えた稲の苗がたこの足のように大地にしっかり根を張り、

豊作になるようにとの願いから、たこを食べる習慣があります

……スーパーのそんな宣伝文句にひかれて買ってしまったのが、たこ。

ちらしには調理例として「たこキムチ」がのっていて、

これでビールがいいかも! と思ったものの、

そのまんま真似するのは気が引けたため、ちょっと変化をつけて

「たこときゅうりのコチュジャン和え」に。

ビールのおつまみはもちろん、

これをごはんにのせて黄身を添えれば、特製ピリ辛たこ丼のできあがり!!

              タコとキュウリのコチュジャン和え


♪ 「タコとキュウリのコチュジャン和え」 ♪ 超簡単レシピ

● 材料

タコ(ゆで)…150g
キュウリ…1/2本
玉ねぎ…1/4個
コチュジャン…小さじ2
しょうゆ…小さじ1
ゴマ油…大さじ1
白いりゴマ…大さじ1

● 作り方

① タコはぶつ切りにする。
② きゅうりは縦半分に切ってから薄切りに、玉ねぎは薄切りにする。
ボウルに玉ねぎを入れて塩をふり、キュウリを加えて5分ほどなじませる。
③ 別のボウルにコチュジャン、しょうゆ、ゴマ油を入れてまぜる。
④ 3のボウルにタコ、水気をしぼった玉ねぎとキュウリを加えて和え、
仕上げに白ごまをふる。


半夏生とは、七十二候のひとつ。

太陽の黄経が100度になる日で、

夏至から11日目、現行暦では7月2日頃にあたる。

農家にとっては大切な節目であり、

半夏生までに田植えを終えるのがよしとされ、

この日の天候によって稲作の豊凶を占うところもあるという。

また、関西では、豊作を願いタコを食べる習慣が!!

農作物がタコの吸盤のように大地に張りつき、

しっかり根付くようにという願いをこめるとともに、

タウリン豊富なタコを食べることによって、

疲労回復、滋養強壮をはかるという意味合いも。






お弁当も作ってます!

パパとムスメのお弁当ライフ
http://ameblo.jp/ryoripapa/





ご訪問、本当にありがとうございました。クリックしてくださると
ランキングがアップします。よろしくお願いします。

← 人気ブログが大集合!!

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ ← 男子厨房にて奮闘中!!

← 最新レシピが盛りだくさん!!






http://ameblo.jp/ryoripapa/


スポンサーサイト

<<明太子入り大和芋のおやき | ホームへ | 肉感たっぷり! 電子レンジで作る絶品肉団子>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ryoripapa.blog36.fc2.com/tb.php/1490-1863ca38
| ホームへ |
プロフィール

ryoripapa

Author:ryoripapa
愛する娘(写真は、 冷蔵庫を
あさっているところ)には、
安全でヘルシーなものを
食べさせたい。その一心で
いつも料理しています。

gourmet

伊勢丹 オンラインショッピング 「I ONLINE」

コレ欲しい!!

最近の記事
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。