スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

塩鶏とたけのこの自家製肉まん

2016.04.24(17:46)
今後うちの名物料理になりそうなのが、

「塩鶏とたけのこの自家製肉まん」。

偶然の積み重ねからたまたま生まれたレシピなのだけれど、

これがもう自分でも驚くほどの大成功!

そもそもの始まりは、妻が今が旬の筍(たけのこ)をいただいてきたこと。

たけのこごはん? 土佐煮? 酢豚? 青椒肉絲? いや、肉まんもいいなぁ……。

冷蔵庫を覗くと、そこにあったのは、鶏ハムにしようと思い、

塩と砂糖で漬けておいた鶏胸肉。そして、これまた旬の新玉ねぎも。

この組み合わせなら絶対に肉まんしょっ‼  と調理開始。

塩豚ならぬ塩鶏を使った、ありそうでなかった変わり肉まん、

ヘルシー&おいしいので、ぜひお試しあれ!!

塩鶏とたけのこの自家製肉まん2

♫ 「塩鶏とたけのこの自家製肉まん」 ♫ 超簡単レシピ

● 材料

<具>
鶏胸肉…1枚(300g)
たけのこ(水煮)…150g
新玉ねぎ…1/4個(100g)
ごま油…大さじ2
酒…大さじ1
砂糖…大さじ1/2
醤油…大さじ1
おろししょうが…少々
黒こしょう…少々
片栗粉…大さじ1
<皮>
強力粉…150g
薄力粉…150g
砂糖…大さじ2
塩…小さじ1/4
ドライイースト…小さじ1
ベーキングパウダー…小さじ2
ぬるま湯…160cc
サラダ油…大さじ1

● 作り方
① 鶏胸肉は皮をとり、全体をまんべんなくフォークで刺してから観音開きにする。塩、砂糖各小さじ1をすりこみ、ラップで包み、冷蔵庫で一日寝かせる。
② ボウルaに強力粉、薄力粉、砂糖、塩、ドライイースト、ベーキングパウダーを入れよくまぜる。
③ ボウルaにぬるま湯を加えてこね、ある程度まとまったらサラダ油をくわえてこね、まとめる。かたく絞った濡れ布巾をかけて30分ほど一次発酵させる。
④ 1の鶏胸肉はラップをとって流水でさっと洗い水気をふいてから粗みじん切りにする。
⑤ たけのこはみじん切り、新玉ねぎは粗みじん切りにする。
⑥ ボウルbに2の鶏胸肉、ごま油、酒、砂糖、醤油、おろししょうが、黒こしょう、片栗粉を入れてよく混ぜる。さらに新玉ねぎ、たこのこを加えてまぜ、12等分にする。
⑦ 3の生地を12等分し麺棒でのばす。6の具をのせて包みしっかり閉じる。
⑧ クッキングシートに間隔をあけて並べ、かたく絞った布巾をかけ30分ほど二次発酵させる。
塩鶏とたけのこの自家製肉まん4
⑨ 蒸気のあがった蒸し器に入れ、強火で15分蒸す。
塩鶏とたけのこの自家製肉まん5

塩鶏とたけのこの自家製肉まん3





インスタグラムはじめました!
http://www.instagram.com/sucre176612/


お弁当も作ってます!


パパとムスメのお弁当ライフ
http://ameblo.jp/ryoripapa/





ご訪問、本当にありがとうございました。クリックしてくださると
ランキングがアップします。よろしくお願いします。

← 最新レシピが盛りだくさん!!

← 人気ブログが大集合!!

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ ← 男子厨房にて奮闘中!!




http://ameblo.jp/ryoripapa/
スポンサーサイト

<<新玉ねぎだらけの惣菜パン | ホームへ | ブリの卵の甘辛煮付け>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ryoripapa.blog36.fc2.com/tb.php/2143-8959c84a
| ホームへ |
プロフィール

ryoripapa

Author:ryoripapa
愛する娘(写真は、 冷蔵庫を
あさっているところ)には、
安全でヘルシーなものを
食べさせたい。その一心で
いつも料理しています。

gourmet

伊勢丹 オンラインショッピング 「I ONLINE」

コレ欲しい!!

最近の記事
フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。